So-net無料ブログ作成

2009年6月16日 [旅行記]

親子二人でイタリアに行っちゃった その37

2009年6月16日

みなさん、昨日はnanamamaの心配及びnanagon(娘)の心配ありがとうございます。

nanagonはまだどんぐりの木(クヌギの木)を切った事に気がつきませんでした。玄関が北側にあり、庭は南側にあるのでわざわざ見に行かないとわからないからだと思います。またその後のnanagonの反応については記事にしたいと思います。

さて、長い間お休みをしていたイタリア旅行記を書きたいと思います。

最終日は4月1日エイプリルフールの日です。この日は午後9時45分発の飛行機に乗って日本に帰るため夕方まで自由行動でした。

今回の添乗員さんは本当に親切な方で、自由行動をみんなが楽しめるようにとお手製の地図を作って配ってくれました。その地図には美味しい食べ物店やトイレの場所等しっかり書き込まれていてこれ一枚あれば1日楽しく過ごすことが出来るという内容のものでした。

そして更に、添乗員さんは前日「ミラノ市街地に行きたい人がいるようなら行きだけ一緒に行きますよ」と声をかけてくれ、「挙手を」と言うと全員が手を上げてみんなで大笑い。

朝食を食べて荷物をホテルに預けてさあ出発!!

p77penguin493635.jpgp77penguin493636.jpg
左が朝食で右が客室のカードキー

今回の旅行で一番豪勢な朝食でした。いままで一度も朝食に卵料理が出なかったのでここで卵が出てきたことにみんなちょっと感動。

さて、添乗員さんについてミラノ市街地へ行くことにしたツアー客、添乗員さんはみんなが困らないように市街地までの往復切符を全員分購入してくれました。ただこれには駅員さんの方がビックリしてこんなに沢山の枚数1人で買うの?という表情してました。

p77penguin493637.jpgp77penguin493638.jpgp77penguin493639.jpg
左は駅の入口で、中央は切符打刻装置で、右が駅ホーム

p77penguin493640.jpg
↑切符

駅の入口はいたってシンプルで下手すると通り過ぎてしまいそうでした。また、ミラノの電車は乗り換え可能で1回券が75分有効なので切符に打刻しなくてはいけません。

さて、nanamama達一行はミラノの中心地ドォオーモまで添乗員さんにつれてきてもらいここで解散となりましたが、この後スーパーに行きたい人は更に添乗員さんが案内してくれるというのでついて行きました。

本当にこの添乗員さんは気配り等が出来ていて、またこの人について旅行に行きたいと思わせる方でした。

長くなったので今日はこの辺りで。

※ 縦が小さい方の写真がnanamama撮影で、縦が大きい写真がnanagon撮影です。そして、全ての写真はクリックすると大きくなります。

---------------------------------------------------------------------------

この記事へのコメント


ほんと、あいさつは、人間の基本ですから、大事ですよね。こどものときから、身に着けておくことって大事です。

posted by そのりん 2009/06/17 20:32:55


旅行記は食事が気に為ります^^;
posted by dokatu 2009/06/16 23:51:49


添乗の仕事が楽しいんだろうなぁ・・・自分も楽しくお客様も楽しんでもらう、
まさに理想とする仕事像です。

キャンペーン期間、来年の6月30日までって長すぎる!(笑)
でも通常価格から10%引きって、いつもより何だか割引率低いような気が・・・。


posted by symphony 2009/06/16 23:12:28


親切な添乗員さんですね~。
細かいところにまで気がつくし、
プロだなぁ・・・
posted by miki 2009/06/16 22:54:04


親切な添乗員さんで良かったですね。
ホテルは郊外のほうだったんですね。
☆☆
posted by れんぱぱ 2009/06/16 22:51:57


nanagonちゃん,まだ気づいてないんですね~
どうなるんでしょうね・・・
ミラノもいいですね~
posted by nature 2009/06/16 22:15:53


朝食もおいしそうですね~
posted by サニー 2009/06/16 21:42:00


すごい良い添乗員さんでしたね~。
アンケートや感謝の手紙を書くと、添乗員さんのポイントアップになるかと(^o^)
(と、添乗員さんが書いているBLOGで読んだ気が・・・)
ランチはお手軽な値段で味わえるから良いですよね~♪ 古民家でのランチ、などはやってますし。
雑貨探し・・・良いですよね~♪良いものが見つかるとお得な気分になれますし。
posted by takoing 2009/06/16 20:58:50


こういう、「いい添乗員さん」にめぐり合わせてくれるのもnanagonちゃんの魔法かな?☆5
posted by memo 2009/06/16 20:51:39


(*´▽`)ノシこんばんわ☆
良い添乗員さんに恵まれて、
ほんとラッキーでしたね♪
やはり、添乗員さんによっても、
旅が全然違ったりするので大切かと思います♪

p(*'-^*)。

posted by エイジレス美人の作り方★NANA 2009/06/16 20:48:03


添乗員さんて旅を左右しますね~☆5
posted by bonoboo 2009/06/16 20:40:49


出来る乗務員さんに当たると旅行って本当に楽しくなりますもんね。

posted by nicebody 2009/06/16 18:54:25


いい添乗員さんだと心強いし気分いいですよね~

posted by ちわわん 2009/06/16 17:59:05


こんにちは☆
posted by ツボ 2009/06/16 17:07:11


切符打刻装置がなんかオシャレですね☆
posted by かぶ 2009/06/16 15:35:55


こんにちは~^^★
posted by 0114chi 2009/06/16 14:30:10


親切な添乗員さんだと、助かりますねぇ~^^☆☆☆☆☆
posted by なぎさ♪ 2009/06/16 13:54:20


旅行に行った先の添乗員さんが親切だと安心するし、またこの人に頼みたいという気持ちになりますよね☆
posted by じゅん 2009/06/16 12:37:40


添乗員さんがいい方だとほんと旅が楽しいですね~!

posted by miyu* 2009/06/16 12:20:47


朝ごはん、豪華です~~!私はドイツから下ってきてイタリア入りしたのですが、ミラノが一番ホテルも朝食もしけてて今までの違いに愕然としてたのだけど・・・・(笑)
ただ、ホテルの場所は市街地の真ん中のビジホって感じでした。 どうせ、ミラノでは自由行動なかったし、これくらい郊外で良いホテルに泊まりたかったな~(笑)ま、安ツアーじゃ仕方ないですけど・・・・。
トイレの場所が書かれてるって重要ですね~☆
posted by arare 2009/06/16 11:55:41


添乗員さんのお手製の地図、いいですね。
良い方で良かったですね♪

posted by Miyaka 2009/06/16 10:08:59


いい添乗員さんだと
より一層旅行がいいものになるよね^^
posted by ナラ 2009/06/16 9:58:54


そっか、4月、春休みでしたよね~!
なんかこないだのことのようですね♪
☆彡
posted by すぴか 2009/06/16 9:04:15


そこまでしなくてもいいんだろうけどこういう気配りと手間がリピーターを呼ぶんですよね~^^
レモンの木、ファイト!!
posted by kaenma 2009/06/16 8:58:03


いよいよ最終日ですね。お土産たくさん買えたかな?
posted by asakocom 2009/06/16 8:38:04


添乗員さん、すごくいい方ですね
そういう人と一緒だと安心できますよね


posted by みの 2009/06/16 8:10:59


こんにちは(^_^)
posted by tamatora 2009/06/16 7:53:00


ホテル朝食で毎回卵がないって珍しいですね。☆
posted by アルル 2009/06/16 7:11:28


お手製の地図はいいですね☆
posted by オサムシ 2009/06/16 6:52:13


ホテル朝食で毎回卵がない。って珍しいですね。
イタリアはそうなんでしょうかね?
素敵な添乗員さんに当たると、旅行楽しめますよね^^

posted by komikan 2009/06/16 2:18:53


クロワッサンが美味しそう^^☆
posted by アマガエル 2009/06/16 1:23:57

2009年6月6日 [旅行記]

親子二人でイタリアに行っちゃった その36

2009年6月6日

一昨日の記事で書いたイタリア旅行記のレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」の見学についてもう少し詳しく書きたいと思います。

1見学15分以内で定員は25人までと制限されていて、何枚もの扉によって外気との接触を減らし、途中エアーカーテン等で見学者についたチリや埃を取り、室内の湿度を一定に保つ等の努力によって今一般公開されていると書いた事はみなさん覚えてらっしゃると思います。

この見学チケットはインターネットや電話で予約することも可能ですが、なかなかまとまった枚数を1度に取ることが難しいそうです。それなのに今回は2回に分けてそれも前後の時間でとることが出来たのは本当に凄い事なんだそうです。これもやっぱりnanagon(娘)がいたおかげ?

同じツアーでも違う日では1見学2名分しか取れないなんて事もあり、現地係員さんが何度も何度も少人数を連れて旧ドメニコ修道院を行ったりきたりすることがよくあるそうです。

また、今回nanagonが学校から借りてきたレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」についての本は子供用に書かれているのでとってもわかりやすくnanamamaにとっても大変ためになりました。もし、みなさんが美術館等へ行かれる時に専門的なことより、楽しむためにと考えるなら子供用の本を読んで行くのも1つの手だと思います。

さて、前置きが長くなりましたが、続きを書きたいと思います。

レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」を見学した後nanamama達一行はこの日宿泊するホテル「レオナルド・ダ・ビンチ」へと向かいました。

イタリア319.jpgイタリア320.jpg
↑↓客室
イタリア321.jpgイタリア322.jpg

ここのホテルが今回の旅で一番広いお部屋でした。また、テレビも液晶でnanagon液晶テレビにちょっと興奮気味でした。

そしてこの日の夕食はホテルで。

イタリア323.jpgイタリア324.jpg
左はペンネで、右はミラノ風カツレツ

イタリア325.jpg
↑チョコレートムース

さて、この夕食本当の本当に「最後の晩餐」なんです。もう明日の夜にはイタリアを発ってしまうので夕食はこれが最後なのです。

そして、今回のツアーは子供が多いという話を最初にしたと思いますが、食後にその中の1人の男の子が手品倶楽部に入っているということでみんなを集めて手品を披露してくれました。

ここではみんな大笑いをしたり、大人がたねあかしに必死になったりと、本当の意味での最後の晩餐を楽しみました。

こうしてイタリア最後の夜は明けていきました。

長くなったので今日はこの辺りで。

※ 縦が小さい方の写真がnanamama撮影で、縦が大きい写真がnanagon撮影です。そして、全ての写真はクリックすると大きくなります。

---------------------------------------------------------------------------

続きを読む


2009年6月4日 [旅行記]

親子二人でイタリアに行っちゃった その35

2009年6月4日

今日もイタリア旅行記を書いていきます。

昨日のマクドナルド、ああやって見ると本当に高級レストランのように見えてしまうのが凄いですよね。実際イタリアのマクドナルドのハンバーガーは他の地域に比べて高いと聞いた事があります。

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアの次に訪れたのは「ミラノのドゥオーモ」です。
イタリア312.jpg
↑↓ミラノのドゥオーモ
イタリア313.jpg

とっても重厚感があって見ているだけでうっとりしてきてしまいます。残念ながらドゥオーモの中は写真撮影禁止なので内部の写真ありません。

イタリア314.jpg
↑ヴィットリオ・エマヌエーレⅡ世の騎馬像

そしてこの後この旅行最大のイベント、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」を見に行きました。

イタリア315.jpg イタリア316.jpg
左が最後の晩餐が展示してある旧ドメニコ修道院で、右が世界遺産の証

イタリア317.jpg
↑最後の晩餐のポスター(2?)

この最後の晩餐は1見学15分以内で25人までしか見学出来ないように制限されていて、何枚もの扉によって外気との接触を減らし、途中エアーカーテン等で見学者についたチリや埃を取り、室内の湿度を一定に保つ等の努力によって今も一般に公開されています。見学料は一人8?(1?138円計算で1104円)ですが、完全予約制でなかなかチケットが手に入らないようで、nanamama達はツアーに5000円払い見学しましたが、場合によってはもっと高いところもあるようです。それくらい手に入らないチケットだそうです。

今回nanagon(娘)は、学校でレオナルド・ダ・ヴィンチについての本等を借りてきてそれなりに勉強したようでこの15分という時間を大切に使っていました。

イタリア318.jpg
↑サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

旧ドメニコ修道院の隣にあり、旧ドメニコ修道院と共に世界遺産に指定されています。

長くなったので今日はこの辺りで。

※ 縦が小さい方の写真がnanamama撮影で、縦が大きい写真がnanagon撮影です。そして、全ての写真はクリックすると大きくなります。

---------------------------------------------------------------------------

続きを読む


2009年6月3日 [旅行記]

親子二人でイタリアに行っちゃった その34

2009年6月3日

昨日の生ハムとメロンは殆どの方が別々に食べているようですね。最初にこの組み合わせを考えて実行した人ってどんな方だったのでしょうね。

さて、今日は昨日の続き「ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア」です。

このヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアは2つのアーケード(ガラスのアーチと鉄製の屋根)に覆われており、東京ディズニーランドのワールドバザールはこのガッレリアをモデルに作られているそうです。

イタリア310.jpgイタリア309.jpg 
左がガッレリアの入口で、右がガラスのアーチと鉄製の屋根

イタリア302.jpgイタリア301.jpg
↑屋根

このガッレリアは1861年にデザインされ、イタリアの建築家ジュゼッペ・メンゴーニによって1865年から1877年間に建設された建物ですが、今でもとっても斬新なデザインで古さを感じさせませんでした。

そして2つのアーケードが交差するところは
イタリア303.jpgイタリア304.jpg
左がルイ・ヴィトンで、右がマクドナルド
イタリア305.jpgイタリア306.jpg
左がプラダで、右が、ボッテガ・ヴェネタだったと思います

こちらの交差点?の4つ角には↑の4店舗がありましたが、高級ブランド店の中になぜかマクドナルドが・・・・。こうやって見るとマクドナルドも高級ブランドに見えてしまうのは目の錯覚なのだろうか?

イタリア307.jpgイタリア308.jpg
↑交差点の床

右の床は雄牛のモザイクで、かかとで立って1回転できれば願いが叶うというジンクスがあり、あまりにもみんながチャレンジをするためある部分だけ極端に磨り減っていました。

イタリア311.jpg
↑磨り減ってしまった部分

nanagon(娘)もチャレンジをしようと足を置いたら、磨り減ったというより穴が開いたという感じだったため、足がとられてしまい回ることが出来ませんでした。

長くなったので今日はこの辺りで。

※ 縦が小さい方の写真がnanamama撮影で、縦が大きい写真がnanagon撮影です。そして、全ての写真はクリックすると大きくなります。

---------------------------------------------------------------------------

続きを読む


2009年6月2日 [旅行記]

親子二人でイタリアに行っちゃった その33

2009年6月2日

昨日のモスバーガーの移動販売車(モリコロパーク号)は全国に1台しかなく、出張販売もしているみたいです。

さて、長々と続けているイタリア旅行記を今日も書きたいと思います。

まず、ヴェローナの次に訪れたのはミラノです。そしてミラノに着いて一番にしたことと言えば昼食です。
イタリア294.jpg
イタリア295.jpg イタリア296.jpg
左は生ハムとメロンで、右はリゾット

nanagon(娘)はメロンの上に生ハムがあるのを見て「nanagon、メロンはメロン、生ハムは生ハムで食べたいのにぃ~」と、nanamamaも昔はそう思っていましたがちょっと大人になると一緒に食べると美味しいということがわかりました。結局nanagonはバラバラで食べてました(^^;)

イタリア299.jpg
↑ミラノの町を走る路面電車

ラッピング電車なのになぜか格好よく見えます。日本人はヨーロッパにコンプレックスを感じているということで、こういったところも日本で見るのとヨーロッパで見るのとではきっと受け取り方が違うのでしょうね。

イタリア297.jpg イタリア300.jpg
左はスカラ座で、右はスカラ座広場にあるレオナルド・ダ・ヴィンチの銅像

イタリア298.jpg
↑ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア

このヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアについてはまた明日にでも説明しますね。

長くなったので今日はこの辺りで。

※ 縦が小さい方の写真がnanamama撮影で、縦が大きい写真がnanagon撮影です。そして、全ての写真はクリックすると大きくなります。

---------------------------------------------------------------------------

続きを読む


2009年5月30日 [旅行記]

親子二人でイタリアに行っちゃった その32

2009年5月30日

昨日のハロッズの時計、皆さんも一緒に喜んでくださりありがとうございました。また、nanamamaがもう一度イギリスへ行けるよう沢山の方が口実を考えてくださり、本当にありがとうございました。是非またイギリスに行きたいと思ってます。そして、その時は蚤の市巡りをもう一度したいです。

さて、今日はイタリア旅行記の続きを書きたいと思います。

ヴェローナの市場を体験した後はヴェローナ市街を少しだけ散策。

イタリア286.jpgvイタリア287.jpg
左は円形闘技場(アレーナ・ディ・ヴェローナ)で右は全く覚えのない建物

イタリア288.jpg イタリア289.jpg
左はブラ広場前のカフェで、右はタバコの自販機

こちらのカフェは今まで見てきたカフェとはちょっと違うように感じました。質素な感じがあるからかな?

イタリア290.jpg イタリア291.jpg
↑花

相変わらず花が飾ってあるだけで絵になるイタリアです。また、右の写真の花は多分水仙じゃないかな?今まで見たことのない花びらで思わず球根が欲しくなりました。

イタリア292.jpg イタリア293.jpg
左は石が積まれた建物で、右がアンモナイトの化石

古代ローマ時代を思わせる建物があり、その足元には沢山のアンモナイトの化石を探すことが出来、遥か昔のイタリアを感じさせてくれるとヴェローナでした。

こうしてヴェローナの観光も終わり、nanamama達一行はミラノに向けて出発したのでした。

長くなったので今日はこの辺りで。

※ 縦が小さい方の写真がnanamama撮影で、縦が大きい写真がnanagon撮影です。そして、全ての写真はクリックすると大きくなります。

---------------------------------------------------------------------------

続きを読む


2009年5月28日 [旅行記]

親子二人でイタリアに行っちゃった その31

2009年5月28日
昨日のジュリエット像を触ったことある方が何名かいらっしゃいましたね。みなさん大金持ちになられたかどうかは???です。

さて、ヴェローナでは市場で15分程自由時間がありました。市場で15分という時間はnanamamaにはあまりにも短かったですが、なんとか欲しいものGETしてきました。

イタリア278.jpg
↑市場の入口
イタリア279.jpg
↑日本では見たことのない野菜
イタリア280.jpg
↑苺の大きさが凄く大きかった
イタリア281.jpg
↑フルーティーな果物と木で出来たピノキオの飾り
イタリア282.jpg
↑仮面やガラス製品 
イタリア285.jpg
↑仮面や絵葉書
イタリア283.jpg
↑お菓子屋さん
イタリア284.jpg
↑乾燥トマト

nananamamaどうしても乾燥トマトが欲しくって、お店のお兄ちゃんに頼んで試食させてもらったら、ほどよく塩味が効いていて絶品!!思わず500gも買っちゃいました。やっぱりこういうのはスーパーより市場が一番。

15分という時間で全て回るのは不可能で結局半分くらいしか回れませんでした。どこの国に行っても市場って本当に楽しいですし、時間過ぎるのも早いです。

nanagon(娘)も市場の写真沢山撮っていたのですが、身長が低いせいかみんな下のほうばかりの写真でした。

長くなったので今日はこの辺りで。

※ 縦が小さい方の写真がnanamama撮影で、縦が大きい写真がnanagon撮影です。そして、全ての写真はクリックすると大きくなります。

---------------------------------------------------------------------------

続きを読む


2009年5月27日 [旅行記]

親子二人でイタリアに行っちゃった その30

2009年5月27日

さて、今日はまたまた間が空いてしまったイタリア旅行記を書いていきたいと思います。ただ、長々と書いてきた旅行記ですが、段々記憶が薄れてきてしまいました。(><)

この日の最初の訪問地は世界遺産の街「ヴェローナ」です。

イタリア270.jpg イタリア271.jpg
こちらはなんだったかもう忘れてしまいました(><)

イタリア272.jpg イタリア273.jpg
左はサン・ピエトロの丘で、右がアディジェ川

そして、ヴェローナと言えば「ロミオとジュリエット」を思い浮かべる人が多いと思います。

イタリア274.jpg イタリア275.jpg
左がジュリエットの家のバルコニーで、右がジュリエット像

このジュリエットの像は「右胸に触れると幸せになり、右腕を触れるとお金持ちになる」と現地ガイドさんが教えてくれたのでnanamamaもnanagon(娘)もしっかり触ってきました。多分みんなが触るからなんでしょうが、ジュリエット像の胸の部分と右腕がピカピカに耀いてました。

またお金持ちになってもう一度この地を訪問出来たらなんて幸せなんでしょうね。果たしてnanagonに迷信は通用するのでしょうか?ちょっと今後が楽しみです。

イタリア276.jpg イタリア277.jpg
↑音声ガイド

残念ながら日本語の音声ガイドはありませんでした。

長くなったので今日はこの辺りで。

※ 縦が小さい方の写真がnanamama撮影で、縦が大きい写真がnanagon撮影です。そして、全ての写真はクリックすると大きくなります。

---------------------------------------------------------------------------

続きを読む


2009年5月24日 [旅行記]

毎日が苺狩り

2009年5月24日

ここのところ毎日毎日忙しい日々が続いているnanamamaです。本日も非常に忙しい1日になる予定なので今日もちょっと手抜き記事です。(><)

いちご.jpg
↑自宅で収穫した苺

ちょっとボケちゃっていますが毎日毎日↑この量の苺が我が家の放置状態の庭で収穫できます。ただ、放置状態なので甘味はお店で売っているようなものではありませんが、完全無農薬でほんのりした甘味と酸味を兼ね備えた苺です。

まだまだ当分毎日自宅で苺狩りという贅沢な遊び?を楽しむことができそうなので毎朝起きるのが楽しみです。

私の格言その103「自然とは、どんなに優れた教科書よりも人の心を豊かに育ててくれる書物である」

---------------------------------------------------------------------------

~こちらは覚書~

昨日、nanamamaとnanagon(娘)がバレエの発表会を見に行っている間にnanapapa(主人)が夕食にカレーを作ってくれました。これは結婚して初めての出来事なので記念に書いておかねばと思い記事にしました。今日一日が無事に過ぎますように!!(笑)

--------------------------------------------------------------------------

続きを読む


2009年5月23日 [旅行記]

親子二人でイタリアに行っちゃった その29

2009年5月23日

今日はイタリア旅行記の続きを書きたいと思います。

イタリア旅行6日目の朝は6時起床でした。6日目ともなると段々時差にも慣れてきて朝早く目が覚めることもなくなってきました。

そうそう、記事に書くのをすっかり忘れていましたが旅行中にヨーロッパでは導入されているサマータイム移行(時計を1時間早める)を体験しました。移行日は1日が23時間なのでちょっぴりもったいないような、万年1日が24時間の日本ではまず体験できないことをしたのでいい思い出になりました。

イタリア260.jpg イタリア261.jpg
↑朝食

こちらの朝食はお菓子類もあり朝からパイ菓子食べたらこれがとっても美味しくって、旅行中思わずスーパーで買ってきちゃいました。

イタリア262.jpg
↑部屋の鍵

この鍵、ホテル名が入ったキーホルダーが本当に重くって持ち歩くにはちょっと不便でした。でもなかなかなくさないかも。

さて、午前中はベローナの観光に向かいます。

イタリア263.jpg イタリア264.jpg
↑↓雪をかぶった山脈はイタリアとスイスの国境でもあるアルプス山脈
イタリア265.jpg イタリア266.jpg

アルプス山脈を見ちゃうとまたまたスイスに行きたい病になってしまいそうなnanamama。また、左下の写真を見るとなんだか北海道の美瑛を思い出しちゃいます。

イタリア267.jpg
↑ぶどう畑

さすがイタリアはワインで有名なだけあって広大なぶどう畑が広がっていました。

イタリア268.jpgイタリア269.jpg
↑nanagon(娘)の子供達

以前の記事で巨大な子供が増えたと書きましたがバスではこんな感じで鎮座しておりました。(><)そして今自宅ではあまりの大きさに居場所確保が大変です。

さて、これから長くなるので今日はこの当たりで。

※ 縦が小さい方の写真がnanamama撮影で、縦が大きい写真がnanagon撮影です。そして、全ての写真はクリックすると大きくなります。

---------------------------------------------------------------------------

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。